犬の口のにおいの多くが歯周病だと提唱する動物病院の医師がいる

犬の口のにおいの多くが歯周病だと提唱する動物病院の医師がいる
そんな犬がおっしゃるのは何といっても水を飲む量が少なかったなどの犬の問題行動が歯周病などに繋がるケースが多いらしいです。なぜなら、歯周病のほとんどが、犬の食べかすをうまく取り切れなかった場合に起きるものなので、犬が、歯磨きや水を飲んでいれば歯に残らなかったものが原因だからです。ただ、あまり犬が水を飲んでくれない。また歯磨きをさせてくれないのであれば他の対策が必要ですそこで選んでおきたいのがドクターワンデルとカンデルと呼ばれる動物病院の医師が実際に効果を驚いているデンタルケアです
普段にご飯を食べた後のわんこになめさせることで水を飲んだ時と同様以上に口の中で唾液を発生させて、犬の食べかすを歯に残さずに歯周病の予防が出来るからとはいえ、すでに歯垢が石灰化して
固まった歯石の場合には唾液では流れませんその点でもドクターワンデルにセットになっている
カンデルを噛ませることでぽろぽろ落ちるケースが多いです。

ドクターワンデルが怪しいと効果なし